「産後ダイエットを成功させよう【産後ダイエット方法】」トップページ栄養管理する方法魚のDHA・EPAの効果で中性脂肪値を抑える

栄養管理する方法

DHA(ドコサヘキサエン酸)が以前、「記憶力が高まる」「頭が良くなる」として話題になったのをご存知ですか?DHA入り頭脳パンが発売されていましたね。DHAは魚に含まれる不飽和脂肪酸です。まぐろ、はまち、さばなどの魚に多く含まれます。

実はこのDHA、ダイエットにも効果があります。産後ダイエットの栄養管理に役立ててみましょう。

DHAは中性脂肪値の上昇を抑え、善玉コレステロールを増やす効果があります。青魚は脂がのった新鮮なものほど多く含まれますが、摂取するエネルギーも高くなるので摂り過ぎには注意しましょう。

調理方法としては、脂が落ちてしまう網焼きではなく、汁物に入れたり、ホイル蒸しにするのが良いです。いちばん適しているのは旬の魚を選び、刺身にして食べることです。

また、魚に含まれる不飽和脂肪酸にはEPA(エイコサペンタエン酸)があります。EPAには中性脂肪値を下げるほか、血栓を作りにくくする効果があり、心筋梗塞・脳梗塞の予防に役立ちます。

ママさんの産後ダイエット献立・レシピに、ぜひ魚料理を1日に1回取り入れてみて下さい。


トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1. 血管を硬くしてしまう高脂血症  [ 豊かな生活の為の情報 ]   2007年07月17日 18:13
「血中の脂分の増加による危険性」 高脂結症は血中のコレステロールや中性脂肪が増加し、やがて血管を硬くしてしまう病気です。 「LDLやHDLはコレス...
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔