「産後ダイエットを成功させよう【産後ダイエット方法】」トップページ妊娠中の体重管理食べつわりの対策・乗り切り方法

妊娠中の体重管理

食べつわりとは、つわりの状態で、空腹になると胸や胃がムカムカする、食べ続けていないと気分が解消されないなどの症状があります。ママさんによっては食べつわりと吐きつわりを繰り返してしまうこともあります。

通常、妊娠3ヶ月(8〜11週)から、妊娠5ヶ月(16〜19週)にかけてつわりの症状がでますが、中には妊娠8ヶ月(28〜31週)くらいまで続く方もいます。

また、今まで無意識に行っていた唾液を飲み込むことができなくなることがあります。

食べつわりのときに勢いにまかせて食べ続けていると、体重管理が難しくなります。できる限りで良いので、食べ方や食べるものを工夫してみましょう。食べ物はなるべくカロリーの低いものを選ぶのがポイントです。海藻類・きのこ類・野菜スティックなどを選択し、体重増加を防ぐようにします。

また、食べる回数を増やすのも効果的です。ひと口食べてしばらく時間をおき、我慢できなくなったらまたひと口食べるなど、少しずつ、何回にも分けて食べるようにしましょう。途中で、口の中で長持ちするノンカロリーの飴・キャンディを使うのも効果的です。

ボリュームのある脂っこい食べ物でないと気が済まない場合もあると思います。食べつわりの時期だけ少しくらい食べ過ぎてしまっても、今の時期だけと割り切って、食べる・つまむ習慣を長引かせないことが大切です。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔