「産後ダイエットを成功させよう【産後ダイエット方法】」トップページ妊娠中の体重管理【産後ダイエット】つわりの反動には気を付けて!

妊娠中の体重管理

妊娠中のつわりがひどい時期というのは、食欲がなくなり炊飯器から出る湯気を嗅いだりすると気持ち悪くなったりします。つわりで十分な食事を摂れなくても、赤ちゃんは必要な栄養を母体から吸収しています。この時期は、食べる量が少なくなりますが、あまり気に悩んだりせずに、食べたくなったときに食べて乗り切りましょう。
少ない量でも、1日数回に分けて食べる方法が良いですね。

妊娠5ヶ月(16〜19週)くらいから、つわりが治まってきて楽になります(時期や期間は個人差があります)。赤ちゃんも徐々に大きくなってくる時期なので体重は増加してきます。

つわりが治まると、食事がとてもおいしくなり、食べる量(カロリーコントロール)を抑えられなくなる場合があります。食欲爆発状態です。
さらに、引越があったり家族との環境の変化などで、気持ちが不安定になると、それがストレスとなり食べる量が日増しに増えていくこともあります。
ここで油断してしまうと、妊娠中の体重管理が失敗してしまうかもしれません。反動で食べ過ぎないように気を付けて、計画的にカロリーコントロールしていきましょう。

ストレス(イライラ)でつい食べ物をつまんでしまうという方は、他のことに意識を向ける努力をしてみましょう。食べること意外の気分転換方法を発見するのです。
赤ちゃんの為にベビー服を作る、産後ダイエットに成功したら着る洋服を見てまわる(ウィンドウショッピング)など、あまり気にせず試しに行動してみることが、解決策を見つける良いきっかけになります。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔