「産後ダイエットを成功させよう【産後ダイエット方法】」トップページ骨盤矯正で産後ダイエット骨盤矯正の方法・種類

骨盤矯正で産後ダイエット

産後ダイエットに必要なこととして、骨盤矯正が挙げられます。
骨盤は出産によって広がります。骨盤のゆがみによって、血行が悪くなり、肩こり・便秘・むくみの原因となる可能性があります。

また、骨盤が広がることで内臓が下がり、基礎代謝機能が低下して脂肪を蓄えやすくしてしまいます。下腹部がポッコリしているなどの下半身の症状は避けたいですね。

産後ダイエットの骨盤矯正は大きく分けて以下の方法があります。

整体・整骨院を利用する
お金はかかってしまいますが、プロに依頼するのは安心感があります。また、骨盤矯正について分からないことがあったら、産院の医師に聞いておくことも大切です。
産褥体操・エクササイズを行う
産院の医師のアドバイスや書籍などを参考に、無理しないようにして行いましょう。 血液の循環を良くする、妊娠や出産で緩んだ関節を締める、体形を整えるなどの効果があります。
産褥ニッパー(骨盤矯正ベルト)を着用する
骨盤矯正の補助として使う方法です。背筋を伸ばして正しい姿勢で座る、ハイヒールではなく、かかとの低いものを履くなど、日頃の生活でも意識することが大切です。

1分間でマイナス3cm?!骨盤ウォーカーベルト/A>


この記事へのトラックバック
1. 姿勢の要 骨盤  [ フェイスリフトのすべて ]   2007年04月28日 23:33
同じ足ばかり組んでいたり、どちらかに体重をのせたりするクセで骨盤はたいていまがっていることが多いそうです。