「産後ダイエットを成功させよう【産後ダイエット方法】」トップページ妊娠中の体重管理産後ダイエットの基本は適度な運動から

妊娠中の体重管理

産後ダイエットを楽にする為に、妊娠中から体重管理をすることが重要になってきます。

基本は適度な運動です。自宅でできる軽い体操からウォーキングなど、脂肪を燃焼させることが必要です。

本来は適度な運動を30分以上持続させるのが効果的ですが、妊娠中の場合は無理は禁物です。どの程度の運動で、いつから始めたら良いのか、産婦人科の先生に相談してみましょう。

一般的に妊娠20週くらいまでは、足首の体操くらいにとどめておいたほうが良いとされています。

運動をする前に、体調をチェックし、始めたばかりのときは10〜15分くらいの時間に抑え、徐々に時間を延ばしていきます。激しくジャンプしたり、腰を急にひねるような体操はNGです。おなかを圧迫したり、衝撃があるような体操・運動は避けましょう。

もちろん、おなかに張りを感じたらすぐにストップします。体調が悪くなる前に、少しずつ軽い運動にして、突然やめるのではなく徐々にやめるのが良いです。

体を適度に楽しく動かして、きついのではなく少し余裕がある気持ちで取り組むのが理想ですね。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔